血小板機能と抗血小板薬

トロンボキサンA2(TXA2)は血小板凝集に伴って血小板より放出され、強力な血小板凝集作用と平滑筋収縮作用を有します。

トロンビンは血液凝固因子の1つですが、それ自身が強力な血小板活性化物質として働きます
TXA2の様な血管作動性エイコサノイド(アラキドン酸骨格を持つ生理活性物質)の生成を惹起することで、凝固促進に加えて血小板活性化も促進します。

血栓と循環 23(1): 11-15, 2015より引用

抗凝固薬

プラスミンは線溶系に属するタンパク分解酵素であり、通常、前駆体であるプラスミノゲンの形で血漿に含まれ、プラスミノゲンアクチベーターによって活性化されます。
活性化したプラスミンは凝固したフィブリンを分解します。

血栓と循環 23(1): 11-15, 2015より引用

Follow me!