神経細胞体障害型=neuronopathy

末梢神経障害は、①軸索障害型(axonopathy)②神経細胞体障害型(neuronopathy)③髄鞘障害型(myelinopathy)に大きく分類されます。

運動ニューロン疾患によるneuronopathyはsoma(前角細胞)が障害されます。

neuropathyは軸索障害・髄鞘障害を生じます。

Sensory neuronopathy (後根神経節障害)

シェーグレン症候群などによるNeuronopathyは障害の主体が後根神経節にある病態で、感覚障害・感覚性失調を来します。

Follow me!

投稿者

古田 夏海

群馬県内の総合病院で脳神経内科医として勤務しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です