ウイリス動脈輪とは

ヒトの脳では、前方循環を担当する内頸動脈系の動脈群と後方循環を担当する椎骨脳底動脈系の動脈群とが脳底部において吻合し、Willis動脈輪と呼ばれる大脳動脈輪(リング)を形成します。この構造は英国人のThomas Willis(1621~75)により発見され、Willis動脈輪と呼ばれています。

Willis動脈輪に含まれないもの

上図をみればわかるように、中大脳動脈・脳底動脈・椎骨動脈はWillis動脈輪のリングに含まれません

胎児型

後交通動脈が成人になっても太く残存し、後交通動脈の灌流領域が内頚動脈により灌流される胎児型はしばしばみられる所見です。

Follow me!