キャッチアップ接種とは

以前にも子宮頚癌ワクチンについて解説しましたが、今回は積極的勧奨を中止していた世代のために、公費でHPVワクチンを打つことができる制度です。

1997年~2005年生まれの方が対象となります。

1997年4月2日生まれ(25歳)までの女性のキャッチアップ接種が公費で賄われます。

期間は2022年4月から2025年3月までの3年間になります。

2価と4価 どちらのワクチンがおすすめか

現在は2価ワクチンと4価ワクチンで、異形成や癌の予防効果に大きな差はないと考えられています。(予防するのはHPV16・18)

4価は尖圭コンジローマという、性感染症でできる「いぼ」を予防することができます。

副作用に大きな差はなく、どちらも重篤な副作用はほとんどありません。

以上より4価ワクチンの方が望ましい、と考えられます。

投稿者

古田 夏海

群馬県高崎市「ふるた内科脳神経内科クリニック」で脳神経内科・内科の診療を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。